マツナガ リエ   Matsunaga Rie
  松永 理恵
   所属   神奈川大学  人間科学部 人間科学科
    神奈川大学大学院  人間科学研究科 人間科学専攻(応用実験心理学分野 演習担当教員)
   職種   准教授
発表年月日 2017/06
発表テーマ 西洋音楽-日本伝統音楽”のバイミュージカルな聞き手が示す調性的感覚の発達過程:横断的検討
発表学会名 平成29年度日本音楽知覚認知学会春季大会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 日本大学
発表者・共同発表者 松永理恵・Pitoyo Hartono・横澤宏一・阿部純一
概要 本研究では,大きくは西洋音楽と日本伝統音楽という2種併存の音楽環境に育つ日本人に焦点を当て,彼らの調性的感覚が年齢に伴ってどのように変化していくのか,を横断的に調べた。実験では,小学1-2年,3-4年,5-6年,中学2年,中学3年,大学生,シニアに,西洋的メロディと日本的メロディを呈示し,彼らから調性知覚反応を求めた。実験の結果をまとめると,子どもは中学2年(13-14歳)になると成人と同じようなバイミュージカルな調性感を獲得していることが明らかになった。さらに,実験結果から,西洋全音階スキーマが習得された後に日本伝統音階のスキーマが習得され,そして,それぞれの音階スキーマの精緻化は並行に行われる可能性が高いことが示唆された。