タムラ タダヒサ   Tamura Tadahisa
  田村 忠久
   所属   神奈川大学  工学部 物理学教室
    神奈川大学大学院  工学研究科 工学専攻(応用物理学領域)
   職種   教授
発表年月日 2020/09/15
発表テーマ LHCf実験の次期測定計画とその準備状況
発表学会名 日本物理学会2020年秋季大会
主催者 日本物理学会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
開催地名 Zoom開催
発表者・共同発表者 毛受弘彰A, 伊藤好孝A, B, 大橋健A, 佐藤健太A, 松原豊A, 村木綏A, さこ隆志C, 吉田健二D, 笠原克昌D, 鳥居祥二E, 清水雄輝F, 田村忠久F, 櫻井信之G, O. AdrianiH, I, E. BertiH, L. BonechiH, M. BongiH, I, G. CatelliniH, R. D'AlessandroH, I, M. HaguenauerJ, P. PapiniH, S. RicciariniH, A. TiberioH, A. TricomiK, L, W. C. TurnerM
概要 LHCf実験は、高エネルギー宇宙線による空気シャワー発達の理解に不可欠なハドロン相互作用の研究をLHC加速器を用いて行ってきた。これまでにさまざまな条件でのデータを取得してきたが、LHC Run3 (2021-2024)中での陽子陽子衝突と陽子酸素衝突のデータ取得を予定している。この測定計画についてと、その準備状況について報告した。