ホリ ヒサオ   Hori Hisao
  堀 久男
   所属   神奈川大学  理学部 化学科
   職種   教授
発表年月日 2015/09/17
発表テーマ 亜臨界水を用いた有機フッ素化合物の官能基変換:ペルフルオロアルキルスルホン酸ポリマーの合成
発表学会名 第38回フッ素化学討論会
主催者 日本フッ素化学会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 東京
発表者・共同発表者 堀 久男1、坂本峻彦1、渡壁 淳2、森澤義富2 
1:神奈川大理、2:旭硝子中研
概要 ペルフルオロアルキルエーテルスルホン酸を側鎖に持つペルフルオロアルキルスルホン酸ポリマーは、耐薬品性や耐熱性、イオン選択透過性等の優れた性質を持つため、燃料電池や食塩電解装置の構成材料として用いられている。このポリマーは、テトラフルオロエチレンと、末端にフルオロスルホニル基(SO2F)を持つペルフルオロビニルエーテル化合物との共重合体を、アルカリ加水分解することでそのSO2F基をスルホン酸塩とし、さらに酸処理してスルホ基(SO3H)に変換することで製造されている。ペルフルオロスルホン酸ポリマーはこのような工程を経て製造されているが、アルカリ加水分解処理の工程、酸処理の工程および水洗作業で多量の廃液が発生する。そこで我々は有機物を加水分解する性質がある亜臨界水を用いて、SO2FポリマーのSO2F基をSO3H基へ一段階で変換することを検討した。