ホリ ヒサオ   Hori Hisao
  堀 久男
   所属   神奈川大学  理学部 化学科
   職種   教授
発表年月日 2019/03/07
発表テーマ 光化学的手法によるレニウム成分の回収:白金混合液からの選択分離
発表学会名 資源・素材学会平成31(2019)年度 春季大会
主催者 資源・素材学会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 単独
開催地名 習志野
発表者・共同発表者 岡田浩明、堀 久男
概要 レニウムは超耐熱合金等に使用されているレアメタルである。これは鉱物中の焙焼ガス中の酸化レニウム(VII)(Re2O7)を過レニウム酸イオン(ReO4-)として水中に捕集し、アンモニア水を添加後、再結晶やイオン交換、溶媒抽出等の方法で回収し、水素還元することで製造されている。しかしながらReO4-の塩は全pH領域で水に易溶であるため、再結晶では回収率が低い。また、イオン交換樹脂や溶媒抽出では回収したReO4-を樹脂や溶媒から分離・精製する工程が必要である。この状況は廃合金等を原料として用いた場合も変わらない。このためReO4-を水中から簡易かつ高効率に回収できる方法の開発が望まれていた。我々は水中のReO4-を光励起し、電子供与剤からの電子移動反応を起こして水に不溶なReO3やReO2へ還元することで沈殿分離する方法の開発に取り組んできた。今回はこの方法でレニウムと白金を含む水中からそれぞれの金属を選択的に沈殿回収する条件を検討したので報告する。