ヤマグチ カズオ   Yamaguchi Kazuo
  山口 和夫
   所属   神奈川大学  理学部 化学科
   職種   教授
発表年月日 1994/09
発表テーマ 光破砕性リポソームの開発Ⅳ。種々の2-ニトロベンジルエステルを持つリン脂質からなるリポソームの保持能と放出速度
発表学会名 日本生物物理学会第32回年会
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
概要 津田義博、島影享明、山口和夫、楠見明弘。アルキル鎖末端に2-ニトロベンジルエステルを持つリン脂質1、1のベルジル位にメチル基を導入した2、1の芳香環にメトキシル基を導入した3を合成し、これらのリポソームの保持能と放出速度を比較した。保持能は2がすぐれており、2、3の放出速度は1より大きかった。