ヤマグチ カズオ   Yamaguchi Kazuo
  山口 和夫
   所属   神奈川大学  理学部 化学科
   職種   教授
発表年月日 1997/10
発表テーマ Development of Photo-Degradable Liposomes: Retention and Photo-Induced Release of Liposomes Composed of Phospholipids Containing 2-Nitorobenzyl Esters or Ethers
発表学会名 6th SPSJ International Polymer Conference
学会区分 国際学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
概要 (口頭発表)津田義博、渕上智成、坂内隆、山口和夫。2-ニトロベンジルエステルおよびエーテルをアルキル鎖末端に持つリン脂質を合成し、そのリポソームの光分解による内容物の放出速度を求めた。その結果、脂質の分解速度はエーテル型の方が大きいが、放出速度はエステル型の方が大きいことがわかった。