ヤマグチ カズオ   Yamaguchi Kazuo
  山口 和夫
   所属   神奈川大学  理学部 化学科
   職種   教授
発表年月日 2007/05
発表テーマ 光分解性2-ニトロベンジルエステルを含むチオールによる自己組織化単分子膜の評価とSPRへの応用
発表学会名 第56回高分子学会年次大会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
概要 (ポスター発表)横田 佳典,藤井 宗市,石田 晴久,山口 和夫。光分解性の2-ニトロベンジルエステルを含むチオールを用いて自己組織化単分子膜(SAM)を形成させ、光照射によるカルボキシ基への変換を行った。SAMに及ぼすメチレン鎖長の影響を調べ、SAMの表面プラズモン共鳴法への応用を試みた。