ヤマグチ カズオ   Yamaguchi Kazuo
  山口 和夫
   所属   神奈川大学  理学部 化学科
   職種   教授
発表年月日 2008/09
発表テーマ 光分解性自己組織化単分子膜を利用したパターン化ポリマーブラシの作製
発表学会名 第57回高分子討論会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 横田佳典、石田晴久、藤井宗一、伏見大輔、山口和夫
概要 我々は光分解性2-ニトロベンジル誘導体を含むチオールから得られた金基板上の自己組織化単分子膜(SAMs)を用いて、高密度にカルボキシ基を持つpoly(acrylic acid)(PAA)ブラシの作製を検討した。更にフォトマスクを用いた光照射により、パターンの形成を試みた。PAAブラシを水の接触角、XPS、ATR-IR、SPRで評価した。