ヤマグチ カズオ   Yamaguchi Kazuo
  山口 和夫
   所属   神奈川大学  理学部 化学科
   職種   教授
発表年月日 2013/10
発表テーマ 光分解性部位を持つデンドロン自己組織化単分子膜の調製と性質
発表学会名 平成25年神奈川県ものづくり技術交流会
学会区分 地方学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 上田 優一郎、藤田 悟、松下 和輝、力石 紀子、山口 和夫
概要 2種類の光分解性部位を持つデンドロンを第4世代まで合成し、石英ガラス上にクリック反応で固定化した。UV,X線反射率等からデンドロンの密度、膜厚を評価し、末端の構造がそれらに与える影響について報告した。