ヤマグチ カズオ   Yamaguchi Kazuo
  山口 和夫
   所属   神奈川大学  理学部 化学科
   職種   教授
発表年月日 2014/12
発表テーマ Preparation and Characterization of Photosensitive Self-Assembled Monolayers using Photodegradable 2-Nitrophenethyl Linker
発表学会名 IPC 2014
学会区分 国際学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 Michiko ITO, Daiki SATO, Tomoya YAMADA, Kazuo YAMAGUCHI
概要 ヘテロ二官能性2-ニトロフェネチルリンカーを用いて、官能基化表面に固定化する方法(間接法)、あるいはシランカップリング剤に誘導して表面に導入する方法(直接法)で感光性自己組織化単分子膜を調製し、表面の特性や光応答性を比較した。いずれも塩基中で光反応速度が促進されることがわかった。間接法のタイプAにおいては空気中でも塩基中と同程度の速度であり、これは基板に残存する未反応アミノ基の影響と考えている。