ヤマグチ カズオ   Yamaguchi Kazuo
  山口 和夫
   所属   神奈川大学  理学部 化学科
   職種   教授
発表年月日 1982/05
発表テーマ 保護基を用いる反応性高分子の合成(1)-トリメチルシリル基で保護したp-ビニルフェネチルアルコールのアニオン重合-
発表学会名 高分子年次大会 第31回
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
概要 (口頭発表)竹中克彦、平尾明、山口和夫、中浜精一、山崎升。p-ビニルフェネチルアルコールの水酸基をトリメチルシリルエーテルで保護したモノマーのアニオン重合、脱保護により、側鎖に水酸基をもつスチレン誘導体のホモポリマー、ブロックコポリマーが得られた。