(最終更新日:2019-02-19 09:31:44)
  イシカワ サトシ   Ishikawa Satoshi
  石川 理史
   所属   神奈川大学  工学部 物質生命化学科
   職種   助教
■ 学会発表
1. 2018/11/01 高次構造Mo-Fe-O複合酸化物触媒の合成およびメタノール選択酸化(第51回酸化反応討論会)
2. 2018/10/18 高次構造Mo-Fe複合酸化物の合成とメタノール酸化活性(第48回石油・石油化学討論会)
3. 2018/09/26 結晶性Mo3VOx複合酸化物を用いたメタクロレイン選択酸化反応(第122回触媒討論会)
4. 2018/08/08 Investigation of the catalytic activity for acid reactions over high-dimensional Nb oxide containing fluoride(8th TOCAT)
5. 2018/05/22 高次構造Nb酸化物のブレンステッド酸反応における触媒作用場の考察(第67回研究発表会)
全件表示(20件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  Synthesis of a Crystalline Orthorhombic Mo−V−Cu Oxide for Selective Oxidation of Acrolein (共著) 2019/02
2. 論文  Well-controlled radical-based epoxidation catalyzed by copper complex immobilized on bipyridine-periodic mesoporous organosilica (共著) 2019/02
3. 論文  A zeolitic vanadotungstate family with structural diversity and ultrahigh porosity for catalysis (共著) 2018/09
4. 論文  The Effects of Dopants on the Cu−ZrO2 Catalyzed Hydrogenation of
Levulinic Acid (共著) 2018/09
5. 論文  Immobilization of a Molybdenum Complex on Bipyridine-Based Periodic Mesoporous Organosilica and Its Catalytic Activity for Epoxidation of Olefins (共著) 2018/04
全件表示(29件)
■ 所属学会
1. 2015/05 石油学会
2. 2018/04 ∟ JPIJS委員
3. 2011/05~ 触媒学会
4. 2018/04 ∟ キャタリシススクール委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~  Moを基盤とした結晶性複合酸化物の結晶構造と触媒活性の関係の解明 Moを基盤とした結晶性複合酸化物の結晶構造と触媒活性の関係の解明 
2. 2018/04~  高次な構造を有する複合酸化物の合成と触媒作用場の解明 国内共同研究 
■ 受賞学術賞
1. 2017/11 Best Presentation Award
2. 2016/10 触媒学会若手論文公募企画 最優秀論文賞
3. 2015/08 EuropaCat PhD STUDENT AWARD
4. 2012/11 第45回酸化反応討論会 ポスター賞
■ 現在の専門分野
触媒化学 
■ 科研費研究者番号
60813350