(最終更新日:2021-09-09 20:53:14)
  キャクノ ハルカ   Kyakuno Haruka
  客野 遥
   所属   神奈川大学  工学部 物理学教室
    神奈川大学大学院  工学研究科 工学専攻(応用物理学領域)
   職種   准教授
■ 学会発表
1. 2021/07/19 Proton transport through ice nanoribbons(11th LIQUID MATTER CONFERENCE 2020/2021)
2. 2020/03/19 カーボンナノチューブの内部空洞における水輸送(日本物理学会第75回年次大会)
3. 2020/03/17 一次元リボン状氷のプロトン輸送(日本物理学会第75回年次大会)
4. 2019/09/20 単層カーボンナノチューブロープの熱電物性:温度依存性(応用物理学会秋季学術講演会)
5. 2019/09/12 つぶれたカーボンナノチューブに内包された水の構造とダイナミクスIV(日本物理学会2019年秋季大会)
全件表示(70件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  Temperature dependence of the Seebeck coefficient for mixed semiconducting and metallic single-wall carbon nanotube bundles (共著) 2019/11
2. 論文  Thermoelectric properties of single-wall carbon nanotube networks (共著) 2019/06
3. 論文  Magnetic Properties of One- and Two-Dimensional Functional Materials: Oxygen Molecules Encapsulated in Single-Walled Carbon Nanotubes and Copper Ions Embedded into Phthalocyanine Sheets (共著) 2019/03
4. 論文  Ice Nanoribbons Confined in Uniaxially Distorted Carbon Nanotubes (共著) 2018/07
5. 論文  Rotational dynamics and dynamical transition of water inside hydrophobic pores of carbon nanotubes (共著) 2017/11
全件表示(21件)
■ 所属学会
1. 日本物理学会
2. フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~  隙間水が関与した摩擦現象と隙間水の流体現象の研究 基盤研究(C) 
2. 2018/04~  1次元リボン状氷の構造と物性:楕円筒形カーボンナノチューブを用いた研究 若手研究 
3. 2015/04~2018/03  制限空間内の水の研究:圧力依存性とwet-dry現象 若手研究B 
4. 2014/10~2015/09  水のナノ構造制御による新規物性・機能の設計 その他の補助金・助成金 
5. 2012/04~2014/03  水の新規水素結合ネットワークの探索と物性:炭素ナノ構造を用いた研究 特別研究員奨励費 
■ 委員会・協会等
1. 2016/04/01~2017/03/31 日本物理学会 領域12 運営委員
■ 受賞学術賞
1. 2018/05 ATI研究奨励賞
2. 2012/07 第7回 ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞(物質科学分野)
■ 現在の専門分野
微細な空間に閉じ込められた水の構造物性研究 (キーワード:過冷却・ガラス、液液転移、ナノサイエンス) 
■ 科研費研究者番号
10746788
■ 本学関連サイト
1. 「神大の先生」サイトページ Link