(最終更新日:2024-06-12 22:48:44)
  イワクラ イズミ   Iwakura Izumi
  岩倉 いずみ
   所属   神奈川大学  化学生命学部 応用化学科
    神奈川大学大学院  工学研究科 工学専攻(応用化学領域)
   職種   教授
■ 専門分野
反応機構解析, レーザー化学, 計算化学, 超短パルスレーザー, 光化学 (キーワード:反応機構解析、レーザー化学、計算化学) 
■ 学歴・学位
1. 1997/04~2001/03 慶應義塾大学 理工学部 化学科 卒業
2. 2001/04~2002/09 慶應義塾大学大学院 理工学研究科基礎理工学専攻 修士課程修了 修士(理学)
3. 2002/09~2005/09 慶應義塾大学大学院 理工学研究科基礎理工学専攻 博士課程修了 博士(理学)
■ 学位等
博士(理学)
■ 著書・論文歴
1. 論文  Coherent Molecular Vibrational Dynamics Studied by a 10-fs Laser Pulse in Comparison for Selective and Non-Selective Excitation AIP Advances 14,pp.065005 (10P) (共著) 2024/06
2. 論文  Alpha-substituent effect on the photodeprotection of 4,5-dimethoxy-2-nitrobenzyl acetate. Chemical Physics 580,pp.112237 (7P) (共著) 2024/04
3. 論文  Excited State Vibrational Dynamics Reveals a Photocycle That Enhances the Photostability of the TagRFP-T Fluorescent Protein The Journal of Physical Chemistry B 128(5),pp.1188-1193 (共著) 2024/01
4. 論文  5フェムト秒パルス光で拓く有機化学. 光化学 54(2),60-67頁 (共著) 2023/08
5. 論文  コヒーレント分子振動励起による熱反応遷移状態の可視化と新奇化学反応の創出. 光学 51(1),15-21頁 (単著) 2022/01
全件表示(74件)
■ 学会発表
1. 2024/03/24 量子もつれ光によるケージド化合物の2光子吸収とパルス波形の影響(第71回応用物理学会春季学術講演会)
2. 2024/01/16 Ultrafast electronic and vibrational dynamics of TagRFP under mutation to improve photostability(2024 Annual Meeting of the Physical Society of Taiwan)
3. 2023/09/23 量子もつれ2光子吸収のケージド化合物アンケージングへの応用(第84回応用物理学会秋季学術講演会)
4. 2023/09/21 近赤外二光子吸収によるケージド化合物アンケージングの理論解析(第84回応用物理学会秋季学術講演会)
5. 2023/09/16 10fs可視光パルスによる蛍光たんぱくTagRFPの超高速ダイナミクス測定(日本物理学会第78回年次大会)
全件表示(153件)
■ 職歴
1. 2010/07~2010/09 お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科(分子科学特論 担当) 兼任(非常勤)講師
2. 2010/04~2012/03 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業「光の利用と物質材料・生命機能」 さきがけ兼任研究員
3. 2010/04~2012/03 広島大学大学院 理学研究科 化学専攻 助教
4. 2008/10~2010/03 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業「光の利用と物質材料・生命機能」 さきがけ専任研究員
5. 2006/04~2008/09 日本学術振興会 特別研究員(PD)(電気通信大学)
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 2014/10~ 日本女性科学者の会
2. 2010/10~ 基礎有機化学会
3. 2010/05~ 光化学協会
4. 2000/12~ 日本化学会
5. 2000/03~ 有機合成化学協会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2023/11~2024/02  5-fs光を用いるペロブスカイトの超高速分光 科学技術振興機構 さくらサイエンス招へいプログラム 
2. 2023/04~2026/03  局在表面プラズモンナノアンテナ効果を利用する万能-二光子励起薬物放出システムの開発 機関内共同研究 
3. 2023/04~2025/03  波長選択的光化学反応の開発 フジクラ財団 2023年度 研究助成 
4. 2023/04~2025/03  光源強度揺らぎ雑音を除去可能な遷移状態分光検出系開発 JKA 機械振興補助事業 研究補助 複数年研究 
5. 2023/04~2024/03  整形5-fs光発生による分子間光反応-遷移状態分光手法の開発 UBE 学術振興財団 第63回学術奨励賞 
全件表示(29件)
■ 講師・講演
1. 2016/10 フェムト秒超高速ストロボ光を利用する化学反応の可視化(富山)
2. 2016/05 フェムト秒パルスレーザー光を利用する化学反応の可視化(横浜)
3. 2012/11 遷移状態分光法を用いた反応機構解析
4. 2011/05 遷移状態を直接観測したいと思いませんか?(東京)
5. 2010/07 5 fs パルスレーザーを用いる分子振動の瞬時周波数測定による反応機構解析(東京)
全件表示(7件)
■ 委員会・協会等
1. 2017/08/01~2019/07/31 文部科学省 学術調査官 学術調査官
2. 2016/04/01~2017/10 CSJフェスタ 実行委員会 CSJフェスタ 実行委員会委員
■ 受賞学術賞
1. 2023/06 UBE 学術振興財団 第63回学術奨励賞 (整形5-fs光発生による分子間光反応-遷移状態分光手法の開発)
2. 2018/03 コニカミノルタ科学技術振興財団 コニカミノルタ画像科学奨励賞 (サブ10フェムト秒パルスレーザー光を利用する電子励起状態における核波束運動の可視化)
3. 2017/10 神奈川大学 学術褒賞 (「分子間光反応の遷移状態を含む反応機構の解明」)
4. 2017/04 文部科学省 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞 (「コヒーレント分子振動励起反応の開発と遷移状態分光の研究」)
5. 2015/05 第20回日本女性科学者の会奨励賞 (「遷移状態を含む光反応・熱反応過程の直接観測に基づく反応機構解明」)
全件表示(13件)
■ 取得特許
1. 2017/09/08 化合物、化合物の製造方法、ならびに当該化合物 を用いたポリマー架橋剤及び方法(特許第6201173号)
■ 科研費研究者番号
40517083
■ 本学関連サイト
1. 「神大の先生」サイトページ Link