(最終更新日:2021-09-15 07:13:42)
  ヨシトメ コウタ   Yoshitome Kota
  吉留 公太
   所属   神奈川大学  経営学部 国際経営学科
    神奈川大学大学院  経営学研究科 国際経営専攻
   職種   教授
■ 学会発表
1. 2019/10/06 学会報告「冷戦終結期における二つの米ソ『密約』と史料開示状況」(日本政治学会2019年度研究大会)
2. 2019/06/29 学会討論「国連とレアルポリティーク」討論者(日本国際連合学会2019年度研究大会)
3. 2019/04/19 研究会討論(板橋拓己氏報告「統一ドイツNATO帰属問題とゲンシャー外交」)(世界政治研究会)
4. 2017/10/27 学会討論(志田淳二郎会員報告「冷戦終結期の欧州とアメリカ外交―欧州新秩序をめぐる『慎重な現実主義』」)(日本国際政治学会 2017年度研究大会)
5. 2017/02/10 研究会報告 「冷戦終結後の国際秩序変動とトランプ政権の外交政策」(北海道アメリカ研究会)
全件表示(19件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  著書『ドイツ統一とアメリカ外交』 (単著) 2021/08
2. 著書  翻訳書 山中仁美著『戦争と戦争のはざまで―E・H・カーと世界大戦』(佐々木雄太監訳)  2017/11
3. 著書  『危機の国際政治史―1873-2012』 (共著) 2013/04
4. 論文  学術論文(編著内の分担執筆)「冷戦終結と分裂するアメリカ社会―ジョージ・H・W・ブッシュ」 (単著) 2020/05
5. 論文  事典項目「外交史と地政学」 (単著) 2020/01
全件表示(24件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~2022/03  冷戦終結過程の複合的な国際交渉に関する史料実証研究 基盤研究(C) 
2. 2015/04~2018/03  冷戦終焉期の欧州秩序再編と米欧対立に関する実証的研究 基盤研究 (C) 
3. 2009/04~2012/03  大西洋同盟における強制力使用論争と反デタント派の影響力 若手研究(B) 
■ 現在の専門分野
国際関係論, 国際政治史 (キーワード:冷戦後の米欧関係に関する研究、西側同盟の研究、国際秩序論に関する研究)