(最終更新日:2022-11-22 13:18:32)
  フジワラ ケン   Fujiwara Ken
  藤原 研
   所属   神奈川大学  理学部 生物科学科
    神奈川大学大学院  理学研究科 理学専攻(生物科学領域)
   職種   教授
■ 学会発表
1. 2022/11/12 In situ hybridization法を用いたラット下垂体前葉におけるC型ナトリウム利尿ペプチドとその受容体NPR-B発現細胞の解析(第13回ペプチド・ホルモン研究会)
2. 2022/11/12 新規糖タンパク質ホルモンthyrostimulinのαサブユニット(Gpa2)はラット下垂体前葉の濾胞星状細胞で発現する(第13回ペプチド・ホルモン研究会)
3. 2022/10/29 ラット下垂体中葉側のMarginal Cell LayerにおけるTetraspanin 1の発現(第48回日本神経内分泌学会学術集会)
4. 2022/10/29 ラット下垂体前葉におけるC型ナトリウム利尿ペプチド(CNP)発現細胞およびその受容体NPRB発現細胞の同定(第48回日本神経内分泌学会学術集会)
5. 2022/10/29 ラット下垂体前葉における新規糖タンパク質ホルモンthyrostimulin αサブユニット(Gpa2)発現細胞の組織学的解析(第48回日本神経内分泌学会学術集会)
全件表示(235件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  濾胞星状細胞と細胞外マトリクス (単著) 2021/12
2. 著書  細胞からなる組織 (単著) 2020/11
3. 著書  Qシリーズ 新組織学 改訂第7版 (共著) 2020/06
4. 著書  電子顕微鏡ボリュームイメージングにおける組織細胞化学 (共著) 2019
5. 著書  組織細胞化学のための標本作製の基本 (共著) 2018/07
全件表示(109件)
■ 学歴・学位
1. 2000/04~2003/03 埼玉大学 大学院理工学研究科 生物環境科学専攻 博士課程修了 博士(理学)
2. 1998/04~2000/03 埼玉大学 大学院理工学研究科 生体制御学専攻 修士課程修了 修士(理学)
3. 1994/04~1998/03 埼玉大学 理学部 生体制御学科 卒業
■ 職歴
1. 2020/04~2021/03 神奈川大学 理学部 生物科学科 准教授
2. 2015/04~2020/03 自治医科大学 大学院医学研究科 准教授
3. 2015/04~2020/03 自治医科大学 医学部 解剖学講座組織学部門 准教授
4. 2009/11~2015/03 自治医科大学 大学院医学研究科 講師
5. 2009/11~2015/03 自治医科大学 医学部 解剖学講座組織部門 講師
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 2020/06~ 日本動物学会
2. 2013/04~ Endocrine Society
3. 2006/04~ 日本組織細胞化学会
4. 2020/01 ∟ 評議員
5. 2006/04~ 日本解剖学会
全件表示(18件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~  低酸素シグナルを感知する下垂体前葉細胞の同定と内分泌機能の制御機序の解明 基盤研究(C) 
2. 2017/04~2020/03  下垂体前葉内で産生される生理活性物質はプロラクチン産生腫瘍の形成に関与するか? 基盤研究(C) 
3. 2014/04~2017/03  下垂体前葉内で産生される新規分泌因子を介した細胞間コミュニケーションの解析 基盤研究(C) 
4. 2012/04~2014/03  下垂体前葉細胞の機能調節に関わる濾胞星状細胞が産生する新規分泌因子の機能解析 若手研究(B) 
5. 2009/04  下垂体前葉ホルモン産生細胞の機能維持に対する濾胞星状細胞の役割 自治医科大学医学部研究奨励金 
全件表示(11件)
■ 委員会・協会等
1. 2016~ 日本内分泌学会 評議員
2. 2022/10~ 日本神経内分泌学会 理事
3. 2018~ 日本神経内分泌学会 評議員
4. 2020 日本組織細胞化学会 評議員
5. 2013~ 日本下垂体研究会 評議員
全件表示(10件)
■ 受賞学術賞
1. 2017/10 日本神経内分泌学会 第32回 川上正澄賞
2. 2008/09 日本内分泌病理学会 最優秀賞
3. 2007/08 第22回日本下垂体研究会学術集会 特別優秀発表賞
4. 2006/08 The Japan Society of Histochemistry and Cytochemistry Travel Awards for Young Investigators
■ 現在の専門分野
内分泌学、機能形態学 (キーワード:下垂体前葉、細胞間相互作用、局所環境、ホルモン、パラクライン、ホルモン、サイトカイン、細胞増殖因子、レチノイン酸、局所環境、腫瘍、組織形成、下垂体前葉、濾胞星状細胞、内分泌、神経内分泌、細胞間相互作用) 
■ 本学関連サイト
1. 「神大の先生」サイトページ Link