(最終更新日:2019-11-13 02:39:12)
  スズキ ケンタロウ   Suzuki Kentaro
  鈴木 健太郎
   所属   神奈川大学  理学部 化学科
   職種   准教授
■ 学会発表
1. 2019/09/25 分子認識によりゲストモノマーを共重合させる触媒姓分子の合成(第30回基礎有機科学討論会)
2. 2019/03/17 カルボキシル基とアミニジル基を利用したオリゴマー化にも対応できる鋳型分子の合成(日本化学会第99春期年会)
3. 2019/03/17 異なるDNAを内包したベシクル間に競争的自己生産ダイナミクスは生じうるか?(日本化学会第99春期年会)
4. 2018/11/12 Emergence of information flow in GV-based model protocell(Internal Conference on APEF2018)
5. 2018/09/13 ベシクル型人工細胞間の競争的自己生産ダイナミクス(第12回分子科学討論会)
全件表示(151件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  Morphological Changes of Kinetically Trapped Tubular Vesicles Driven by the Production of Synthetic Phospholipids in a Vesicular Membrane (共著) 2019/07 Link
2. 論文  DNA Length-dependent Division of a Giant Vesicle-based Model Protocell (共著) 2019/05 Link
3. 論文  A Sustainable Self-reproducing Liposome Consisting of a Synthetic Phospholipid (共著) 2019/04 Link
4. 論文  Refinement of Synthetic Guanine Crystals for Fast Diamagnetic Rotation (共著) 2019/03 Link
5. 論文  Guanine Vesicle Hybrid Particles for Bio-Reflector-Based Bio-Imaging (共著) 2018/07 Link
全件表示(59件)
■ 学歴
1. 1998/04~2002/09 総合研究大学院大学 数物科学研究科 構造分子科学専攻 博士課程修了 博士(理学)
2. 1996/04~1998/03 愛媛大学大学院 理工学研究科 物質科学専攻 修士課程修了 修士(理学)
3. 1992/04~1996/03 愛媛大学 理学部 化学科 卒業 学士(理学)
■ 職歴
1. 2012/04~2017/03 神奈川大学 理学部 化学科 外部資金雇用研究者
2. 2010/04~2016/03 東京大学大学院 複雑系生命システム研究センター 学外連携研究者
3. 2010/04~2012/03 株式会社マリア書房 会社員
4. 2008/04~2010/03 東京大学大学院 総合文化研究科 助教
5. 2007/08~2008/03 東京大学大学院 総合文化研究科 学術研究支援員
全件表示(15件)
■ 所属学会
1. 2009~ 生物物理学会
2. 2006~ 分子科学会
3. 1996~ 日本化学会
■ 授業科目
1. FYS
2. サイエンスコミュニケーション
3. 化学研究法Ⅰ
4. 化学研究法Ⅱ
5. 化学国際交流Ⅱ
全件表示(57件)
■ 社会における活動
1. 2009 Asian Science Camp 2009
2. 2008 第48回 生物物理 夏の学校
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2019/03  ケージド脂肪酸油滴が示す内部応答と連動した走光性 基盤研究(C) 
2. 2013/04~2016/03  分子集合体からプロトセルへの物理 研究課題 基盤研究(A) 
3. 2013/04~2016/03  真核細胞モデルを視野に入れた内部に区分けのあるベシクル系の構築と利用 若手研究(B) 
4. 2009/04~2011/03  膜分子生成が誘発する奇妙なベシクル形態変化 特定領域研究「非平衡ソフトマタ-物理学の創成:メソスコピック系の構造とダイナミクス」 公募研究 
5. 2009/04~2011/03  ミクロの揺らぎによって引き起こされるオレイン酸螺旋構造体の自発的マクロ運動 新学術領域研究「揺らぎが決める生体分子の科学」 公募研究 
全件表示(7件)
■ 講師・講演
1. 2017/07 科学者は何を目指す?(神奈川)
2. 2017/07 ジャイアントベシクルを基盤とする人工細胞(神奈川)
3. 2016/12 分子が作るアクティブソフトマター:特異な「かたち」や「うごき」(宇都宮)
4. 2016/10 社会に繋がるサイエンスコミュニケーション(埼玉)
5. 2016/07 分子システムが作る、かたち、うごき、そして生命らしさ(東京)
全件表示(10件)
■ 委員会・協会等
1. 2017 International Conferenfe: The Origin of Life組織委員会 委員
2. 2015 International Workshop on Challenge to Synthesizing Life組織委員会 委員
3. 2014 Open Questions on the Origin of Life 2014(OQOL2014)組織委員会 委員
■ ホームページ
   suzukiScientia
■ 現在の専門分野
有機物理化学, ソフトマター, 生命の起源, 分子磁性, 磁場効果, 物性Ⅱ, 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理 (キーワード:ジャイアントベシクル, 走光性油滴, 形態変化, 両親媒性分子) 
■ 科研費研究者番号
60512324