(最終更新日:2021-09-12 13:06:56)
  マヤマ ヒロオ   Mayama Hiroo
  間山 広朗
   所属   神奈川大学  人間科学部 人間科学科
    神奈川大学大学院  人間科学研究科 人間科学専攻(地域社会学分野 専門科目担当教員)
   職種   教授
■ 学会発表
1. 2020/09/05 「いじめ指導における法教育の可能性ー『こども六法』に刺激を受けてー」(日本教育社会学会 第72回大会(オンライン))
2. 2017/10/21 「いじめ問題」の諸相(4)ー当事者は「いじめ問題」をいかに語りうるのかー(日本教育社会学会 第69回大会(一橋大学))
3. 2016/09/18 「テレビの現実構成をめぐる実証研究の展開-『大津いじめ自殺』問題を中心に-」(課題研究II 現代社会におけるメディアと教育-メディア環境の変容は教育をどのように変えようとしているのか)(日本教育社会学会第68回大会(名古屋大学))
4. 2013/09/22 「いじめをめぐる概念的問題と記述の政治学の課題」(課題研究II 教育社会学は「いじめ」問題にいかに貢献しうるか?)(日本教育社会学会 第65回大会(埼玉大学))
5. 2013/09/21 「いじめ問題の諸相(2) :『大津いじめ自殺』事件のテレビ番組分析の可能性」(日本教育社会学会第65回大会(埼玉大学))
全件表示(9件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  北澤毅・間山広朗編,『囚われのいじめ問題-未完の大津市中学生自殺事件』岩波書店。
(第2章「いじめ自殺テレビ報道の再構成―報道の集合と場面の力―」pp.55-84, 第8章「未完のいじめ自殺-物語としての判決と羅生門的解釈-」pp.238-273 を単独執筆) (共著) 2021/09
2. 論文  「いじめ指導における法教育の可能性」『神奈川大学心理・教育研究論集』第48号,pp.127-138. (単著) 2020/12
3. 論文  「進路指導のあり方と地域連携ー『進路指導の舞台裏』からー」『神奈川大学 心理・教育研究論集』第45号,pp.305-320. (単著) 2019/03
4. 論文  間山広朗・中村瑛仁・伊藤秀樹・小野奈生子・紅林伸幸,「教育フィールドワーク研究の到達点―理論・調査法・研究知見の観点からー」『教育社会学研究』第103集,pp.111-143. (第1節「教育フィールドワークという研究群」を担当) (共著) 2018/12
5. 著書  北澤毅・間山広朗編『教師のメソドロジー 社会学的に教育実践を創るために』北樹出版。(まえがき・第7章「新任教員の「困難」をめぐる臨床研究の実践」p.100-114を単独執筆) (共著) 2018/04
全件表示(28件)
■ 所属学会
1. 2001/04~ 日本教育社会学会
2. 2017/10~ ∟ 理事
3. 2021/09~ ∟ 学会賞選考委員会 委員
4. 2019/09~2021/09 ∟ 教育部 副部長
5. 2017/10~2019/09 ∟ 紀要編集委員会 委員
全件表示(10件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~  学校的社会化の理論的・経験的研究:「児童になる」論理と実践の教育社会学的探究 基盤研究(B) 
2. 2013/04~2018/03  学校的社会化の現代的課題に関する総合的研究:<子ども理解>の制度化に着目して 基盤研究(B) 
3. 2010/04~2013/03  学校的社会化の現状と歴史に関する研究:<児童の成立>の解明に向けて(科研費 基盤(C)) 基盤研究(C) 
4. 2007/04~2010/03  問題行動・指導・評価をめぐる歴史・社会学的研究:子どもへの<まなざし>に着目して 基盤研究(C) 
5. 2007/04~2010/03  生徒指導研究における社会的構成論の可能性:社会学的知見の教育学上の再編へ向けて 若手研究(B) 
■ 委員会・協会等
1. 2018/04/01~ 横浜市立白幡小学校 学校運営協議会 委員
2. 2004/10~2005/03 文部科学省初等中等教育局委嘱事業 生徒指導上の諸問題に関する調査研究会 委員
■ 受賞学術賞
1. 2004/09 第1回日本教育社会学会奨励賞(論文の部)受賞
■ 現在の専門分野
教育社会学 (キーワード:教育社会学、いじめ、社会的構成論、教育問題、教育実践、質的調査法) 
■ 研究経歴
1. 2016
神奈川大学人間科学部教授
2. 2010
2016
神奈川大学人間科学部准教授
3. 2008
2010
神奈川大学人間科学部助教
4. 2004
2007
立教大学文学部助手