photo
    (最終更新日:2022-11-28 14:58:02)
  ナカムラ タカフミ   Nakamura Takafumi
  中村 隆文
   所属   神奈川大学  国際日本学部 日本文化学科
   職種   教授
■ 学会発表
1. 2021/11/20 「なぜヒューム哲学は法哲学のメインストリームとなりえなかったのか?」(2021日本法哲学会ワークショップ「法と感情」)
2. 2019/11/10 「LPから乖離するナッジ?」(2019日本行動経済学会パネルディスカッション:「ナッジ」を考える)
3. 2018/10/13 「後悔しやすい私たち――哲学からみたリバタリアン・パターナリズムの意義――」(2018年度北海道経済学会)
4. 2017/12/18 行動を規定するものは何か:「意志」と「反省」(行動経済学会第11回大会ワークショップ)
5. 2017/09/23 進化と不合理性(2017年進化経済学会オータムコンファレンス)
全件表示(11件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  『物語 スコットランドの歴史』 (単著) 2022/05
2. 著書  『組織マネジメントの社会哲学――ビジネスにおける合理性を問い直す――』 (単著) 2022/03
3. 著書  『スコッチウイスキーの薫香をたどって――琥珀色の向こう側にあるスコットランド――』 (単著) 2021/09
4. 著書  『世界がわかる比較思想史入門』 (単著) 2021/01
5. 著書  『リベラリズムの系譜学——法の支配と民主主義は「自由」に何をもたらすか——』 (単著) 2019/04
全件表示(28件)
■ 学歴・学位
1. 2004/04~2007/03 千葉大学 大学院 社会文化科学研究科 日本研究専攻 博士課程修了
■ 職歴
1. 2014/04~2019/03 釧路公立大学 経済学部 准教授
■ 所属学会
1. 2017/06~ 行動経済学会
2. 2010/04~ Hume Society
3. 2008/04~ 日本倫理学会
4. 2006/11~ 日本法哲学会
5. 2005/04~ 日本哲学会
全件表示(6件)
■ 社会における活動
1. 2021/04~2022/03 FMくしろ Varied Experts ゲスト
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2021/03  スコットランド啓蒙思想の痕跡と現代的意義 基盤研究(C) 
2. 2009/04~2012/03  「新たなヒューム主義」のもとでのルール・責任概念 若手研究(B) 
■ 講師・講演
1. 2022/11 図書館de 哲学カフェ「物語スコットランドの歴史:スコットランドの文化的アイデンティティ」(広島県福山市)
2. 2022/10 『物語 スコットランドの歴史』(中央公論新社)を読む(東京神保町PASSAGE)
3. 2021/06 思想史からみる異文化共生(横浜市(はまぎんホール))
4. 2020/12 ナッジとスコッチ(行動経済学ゆるゆる配信)(ZoomおよびYoutube配信)
5. 2018/10 ホンネで討論!「働きやすい会社」を考える(釧路市)
全件表示(10件)
■ 委員会・協会等
1. 2015/12~2019/03 釧路市社会教育施設等運営審議会 委員
■ 現在の専門分野
英米哲学思想, リベラリズム, スコットランド文化 (キーワード:人間本性、共感、応報、協調問題、正義論、リベラリズム、スコットランド思想) 
■ 本学関連サイト
1. 「神大の先生」サイトページ Link