(最終更新日:2019-12-15 02:36:42)
  オギヤ ミツハル   Ogiya Mitsuharu
  荻谷 光晴
   所属   神奈川大学  工学部 経営工学科
   職種   助教
■ 学会発表
1. 2018/12/15 ヘッドアップディスプレイにおける色情報を用いた危険物優先表示システムの提案(日本人間工学会関東支部第48回大会)
2. 2018/12/15 自動車運転時における危険物検出の視覚特性の検討と自動車運転技術への応用(日本人間工学会関東支部第48回大会)
3. 2018/12/15 失語症者の外出先でのコミュニケーションを支援するアプリケーション開発(日本人間工学会関東支部第48回大会)
4. 2018/06/20 A Study on Information Integration from Consumer Perspectives for Halal Food Supply Chain in Japan(INFORMS International Conference 2018)
5. 2018/05/26 An Efficient Noise Reduction with Preserving Edges for Medical Ultrasound Images Using Linear and Nonlinear Techniques(日本経営工学会2018年春季大会)
全件表示(28件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  アクティブラーニングで学ぶJavaプログラミングの基礎1 (共著) 2015/03
2. 著書  アクティブラーニングで学ぶJavaプログラミングの基礎2 (共著) 2014/10
3. 論文  Long-distance Delivery Route Planning Using a Commercial Electric Vehicle Including the Arrangement of Charging Stations (共著) 
4. 論文  加速度によるロボット技術搭載歩行車を利用した傾斜路横断における歩行アシスト機能の評価 (共著) 2017/11
5. 論文  Low-level motion analysis of color and luminance for perception of 2D and 3D motion (共著) 2012/06
全件表示(8件)
■ 学歴
1. 2003/04~2008/03 筑波大学大学院 システム情報工学研究科 コンピューターサイエンス専攻 博士課程修了 博士(工学)
2. 2003/03
(学位取得)
修士(工学)
■ 職歴
1. 2016/04~ 神奈川大学 工学部 経営工学科 助教
2. 2012/04~2016/03 東京工科大学 コンピューターサイエンス学部 助教
3. 2008/04~2012/03 東北大学 電気通信研究所 産官学連携研究員
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2015/04~2016/03 視覚科学の授業に関する資料 (東京工科大学大学院)
2. 2013/10~ 情報技術とコミュニケーションの授業に関する資料と演習問題の作成 (東京医科大学看護学科)
3. 2013/04~ 情報科学の授業に関する資料と演習問題の作成 (東京医科大学看護学科)
4. 2012/04~2016/03 プログラミング基礎IIの授業に関する,WEB資料と演習問題の作成 (東京工科大学)
5. 2012/04~2016/03 プログラミング基礎Iの授業に関する,WEB資料と演習問題の作成(東京工科大学)
●作成した教科書、教材
全件表示(10件)
■ 主要学科目
情報科学
■ 所属学会
1. 2017/08~ 日本経営工学会
2. 2014/10~ 日本経営システム学会
3. 2014/03~ 日本知能情報ファジィ学会
4. 2008/12~ 映像情報メディア学会
5. 2003/01~ 日本視覚学会
■ 社会における活動
1. 2016/07~2016/07 TBSテレビ(NEWS23)ポケモンGO配信開始に関して,その危険性についての実験映像提供 (7月22日放送)
2. 2016/07~2016/07 TBSテレビ(Nスタ)ポケモンGO配信開始に関して,その危険性についての実験映像提供 (7月25日放送)
3. 2016/06~2016/06 テレビ朝日(報道ステーション SUNDAY)歩きスマホの危険性についての実験協力 (6月26日放送)
4. 2016/02~2016/02 TBSテレビ(あさチャンサタデー)音楽を聞きながらの運転の危険性についての実験協力 (2月27日放送)
5. 2015/03~2015/03 テレビ朝日(報道ステーション SUNDAY)自転車ながら運転の危険性についての実験協力 (3月1日放送)
全件表示(8件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~2023/03  人間中心アプローチによるデータドリブンな介護サービス・マネジメントシステムの創成 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2015/04~2018/03  OTC医療品の広告表現が知覚リスクを通して意思決定過程に与える影響 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2014/04~2018/03  ヘルスケア・デリバリーシステムの構築とマネジメント 競争的資金等の外部資金による研究 
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2008/12 (社)映像情報メディア学会 優秀研究発表賞
■ 現在の専門分野
視覚情報処理, 認知科学 (キーワード:視覚的注意,ユーザビリティ) 
■ 取得特許
1. 2010/11/18 視覚訓練装置(P2010-259769A)
■ 科研費研究者番号
00509086
■ 提供可能な資源
視覚情報処理,視覚的注意
Visual information processing, Visual attention
■ 研究経歴
1. 2001
2008
眼間時差により生じる奥行き・運動知覚に関する研究
2. 2008
2012
自動車運転時における有効視野サイズの拡大訓練手法の検討
3. 2012
デジタルコミックにおける色覚異常に対応した色彩調整の提案と評価
4. 2014
Webにおける広告提示による閲覧者への影響の検討
5. 2014
ながら運転や歩きスマホの危険性の検討
全件表示(12件)