photo
    (最終更新日:2019-09-26 10:12:19)
  オオヒラ ツヨシ   Ohira Tsuyoshi
  大平 剛
   所属   神奈川大学  理学部 生物科学科
   職種   教授
■ 著書・論文歴
1. 論文  Cloning and sequence analysis of a cDNA encoding a crustacean hyperglycemic hormone from the Kuruma prawn Penaeus japonicus. (共著) 1997/03
2. 論文  Molecular cloning of a molt-inhibiting hormone cDNA from the kuruma prawn Penaeus japonicus. (共著) 1997/10
3. 論文  Expression of recombinant molt-inhibiting hormone of the kuruma prawn Penaeus japonicus in Escherichia coli. (共著) 1999/09
4. 論文  Characterization and cDNA cloning of androgenic gland hormone of the terrestrial isopod Armadillidium vulgare. (共著) 1999/10
5. 論文  Molecular characterization of a cDNA encoding vitellogenin and its expression in the hepatopancreas and ovary during vitellogenesis in the kuruma prawn, Penaeus japonicus. (共著) 2000/07
全件表示(78件)
■ 学歴
1. 1997/04~2000/03 東京大学大学院 農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻 博士課程修了 博士(農学)
2. 1995/04~1997/03 東京大学大学院 農学生命科学研究科 水圏生物科学専攻 修士課程修了 修士(農学)
3. 1991/04~1995/03 東京学芸大学 教育学部 理科教育専攻 卒業 教育学士
■ 所属学会
1. 2003/01~ 日本マリンバイオテクノロジー学会
2. 2003/01~ 日本魚病学会
3. 1996/01~ 日本水産学会
4. 1996/01~ 日本動物学会
5. 1996/01~ 日本比較内分泌学会
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2020/03  造雄腺ホルモンによる甲殻類の性転換誘導機構の解明 基盤研究(C) 
2. 2014/04~2017/03  クルマエビの生殖腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)の同定と機能解析 基盤研究(C) 
3. 2013/04~2016/03  雄の性分化と性成熟に働くクルマエビ造雄腺の作用機構の解明 基盤研究(C) 
4. 2011/04~2013/03  エビ類のサイナス腺に存在する成熟促進ホルモンの単離 若手研究(B) 
5. 2010/04~2014/03  脳内光スイッチによる魚類の成長と成熟の人為制御 基盤研究(A) 
全件表示(10件)
■ 受賞学術賞
1. 2014/03 日本水産学会論文賞
2. 2012/10 2012年度神奈川大学学術褒賞
3. 2010/03 日本水産学会論文賞
4. 2004/04 日本水産学会賞奨励賞(甲殻類のペプチドホルモンに関する分子生物学的研究)
■ 現在の専門分野
甲殻類の分子内分泌学, ペプチドホルモンの生化学, 甲殻類の繁殖生理学 (キーワード:甲殻類、エビ、カニ、養殖、ペプチドホルモン) 
■ 取得特許
1. 2010/12/03 屋内型エビ生産に用いるエビ育成・健康管理システム(特許第4635172号)
2. 2006/01/20 エクジステロイド-22-リン酸化酵素とその遺伝子(特願2006-2132)