(最終更新日:2024-06-06 12:00:19)
  カワイ アキオ   Kawai Akio
  河合 明雄
   所属   神奈川大学  理学部 理学科
    神奈川大学大学院  理学研究科 理学専攻(化学領域)
   職種   教授
■ 専門分野
基礎物理化学, 化学物理 (キーワード:励起分子素過程、電子状態、分子分光学、スピン化学、化学反応、ソフトマターの物理、磁気共鳴) 
■ 学位等
博士(理学)
■ 著書・論文歴
1. 論文  先端的電子スピンプローブ法の開拓と 動的化学現象の解明 電子スピンサイエンス 42,4-11頁 (単著) 2024
2. 論文  フラーレンの凝集機構とラジカルトラップ効果 トライポロジスト 69(5),350-357頁 (共著) 2024
3. 論文  Stepwise generation of spin-polarized radicals and their reactions in the photolysis of an oxime ester compound as studied by pulsed EPR spectroscopy Journal of Photochemistry & Photobiology, A: Chemistry pp.763 (共著) 2023 Link
4. 論文  Pulsed EPR Study of the Initial Steps of Radical-Scavenging Reactions of C70 with Diphenylphosphine Oxide, Hydroxycyclohexyl, and 2-Hydroxypropyl Radicals J. Phys. Chem. B 2022 pp.126 (共著) 2022 Link
5. 論文  O2 solvation cavity in voids of ionic liquids studied by the solvatochromic red shift of O2(1Δg) phosphorescence J. Chem. Phys. 155,pp.234503 (共著) 2021
全件表示(112件)
■ 学会発表
1. 2024 Relaxation and photon upconversion of triplet porphyrin derivative dyes in ionic liquids(17th DAE - BRNS Trombay Symposium on Radiation & Photochemistry)
2. 2023/03 Dynamic Electron Polarisation in Radical-Triplet Systems(The 56th Annual International Meeting of the ESR Spectroscopy Group of the Royal Society of Chemistry)
3. 2023 Al3+ドーピングによるSrTiO3光触媒における電子構造変化: 電子スピン共鳴法観測(第26回ESRフォーラム研究会2023)
4. 2023 Alkyl Side-chain Length Dependent Relaxation of Singlet Oxygen in Ionic Liquids(9th International Discussion Meeting on Relaxations in Complex Systems)
5. 2023 Isomerization reaction of phenylazo compound in imidazolium-based ionic liquid(第13回イオン液体討論会)
全件表示(238件)
■ 職歴
1. 2023/07~ 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 協力研究員
2. 2021/04~2022/03 立教大学 理学部化学科 非常勤講師
3. 2019/04~2019/09 岡山理科大学 理学部化学科 非常勤講師
4. 2018/08~2018/09 新潟大学 理学部化学科 非常勤講師
5. 2015/04~2016/03 立教大学 理学部 非常勤講師
全件表示(13件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2021/01 化学便覧 基礎編 改訂6版 分担執筆 (18-16-1一般溶媒)
2. 2020/04 機器分析ハンドブック 有機・分光分析編 化学同人
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2020/04~2024/03 「学問への誘い」 編集委員長
■ 主要学科目
物理化学
■ 所属学会
1. 国際EPR(ESR)学会 Link
2. イオン液体研究会 Link
3. 2015~ 公益社団法人 日本伝熱学会 Link
4. 2003/11~ 一般社団法人 電子スピンサイエンス学会 Link
5. 2010/01~2011/12 ∟ 理事
全件表示(17件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2022/04~  スピン分極ラジカルのスピン波束崩壊時間測定を利用したラジカル反応速度測定の深遠化 基盤研究(C) 
2. 2021/10~2024/03  光誘起スピン分極現象によるNMRの高感度化と溶媒和圏選択観測 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)) 
3. 2019/04~2022/03  次世代光機能素材であるゼロ次元無機物ペロブスカイトナノ結晶のパルスESR法による発光機構解明 競争的資金等の外部資金による研究 
4. 2019/04~2022/03  スピン分極とスピンコヒーレンスを併用した革新的なラジカル反応速度測定法開拓 基盤研究(C) 
5. 2016/06~2018/03  イオン液体ドメイン構造の解明を目指した一重項酸素の近赤外分光 競争的資金等の外部資金による研究 
全件表示(21件)
■ 講師・講演
1. 2023/02 Dynamic Electron Polarisation in photo-excited state quenching by free radicals(Huddersfield)
2. 2023 Pulsed and time-resolved ESR spectroscopic study on laser induced electron spin polarization of free radicals in photochemical and photophysical systems(Tourin)
3. 2023 誘起の動的電子スピン分極を利用したラジカル反応や溶媒和圏の新規計測法(大阪)
4. 2019/07 光で誘起する電子スピン分極を利用した活性酸素寿命やラジカル反応速度の新規計測法(岡山市)
5. 2019/06 誘起の動的電子スピン分極を利用したラジカル反応や溶媒和圏の新規計測法(大阪市)
全件表示(27件)
■ 受賞学術賞
1. 2023/11 電子スピンサイエンス学会 電子スピンサイエンス学会学会賞 (先端的電子スピンプローブ法の開拓と動的化学現象の解明) Link
2. 2015/06 公益社団法人日本伝熱学会 日本伝熱学会学術賞 (イオン液体を分子間スピン三重項エネルギー移動の媒体に用いた革新的な光アップコンバージョンの先駆的研究) Link
3. 2004/11 電子スピンサイエンス学会 電子スピンサイエンス学会奨励賞 (時間分解ESR法を用いた光励起分子-ラジカル間相互作用や電子スピン分極発生機構の研究) Link
4. 2002/09 光化学協会 光化学協会奨励賞 (励起分子ダイナミクス研究をめざしたスピン分極プローブ法の開拓) Link
■ 科研費研究者番号
50262259
■ 本学関連サイト
1. 「神大の先生」サイトページ Link