(最終更新日:2018-11-21 14:22:23)
  ヒキチ シロウ   Hikichi Shiro
  引地 史郎
   所属   神奈川大学  工学部 物質生命化学科
   職種   教授
■ 学会発表
1. 2018/11/01 遷移金属-活性酸素錯体の化学とBio-inspired酸化触媒の開発(第51回酸化反応討論会)
2. 2018/11/01 2つのイミダゾリル基と1つのオキサゾリニル基からなるアニオン性三座ボレート配位子を用いたニッケル(II)及びコバルト(II)錯体の合成と酸化触媒能(第53回酸化反応討論会)
3. 2018/11/01 四酸化オスミウムへのアニオン配位による酸化活性の向上(第52回酸化反応討論会)
4. 2018/09/08 遷移金属-活性酸素錯体の化学とBio-inspired酸化触媒の開発(化学最前線2018)
5. 2018/09/26 酵素模倣型固定化鉄錯体触媒のアルカン酸化活性(第122回触媒討論会)
全件表示(186件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  A monomeric manganese(II) catecholato complex: Synthesis, crystal structure, and reactivity toward molecular oxygen (共著) 2019/01
2. 論文  Tuning the O2 Binding Affinity of Cobalt(II) Centers by Changing the Structural and Electronic Properties of the Distal Substituents on Azole-Based Chelating Ligands (共著) 2018/11
3. 論文  Cobalt(II) Complexes with N,N,N-Scorpionates and Bidentate Ligands: Comparison of Hydrotris(3,5-dimethylpyrazol-1-yl)borate Tp* vs. Phenyltris(4,4-dimethyloxazolin-2-yl)borate ToM to Control the Structural Properties and Reactivities of Cobalt Centers (共著) 2018/06
4. 論文  Alkane Oxidation Reactivity of Heterogeneous Metal Complex Catalysts with Silica-immobilized (2-pyridylmethyl)amine Type Ligands (共著) 2017/12
5. 論文  Immobilization of a Boron Center-functionalized Scorpionate Ligand on Mesoporous Silica Supports for Heterogeneous Tp-based Catalysts (共著) 2017/03
全件表示(71件)
■ 学歴
1. 1992/04~1995/03 東京工業大学大学院 総合理工学研究科 化学環境工学専攻 博士課程修了 博士(工学)
■ 職歴
1. 2004/01~2006/03 東京大学 大学院工学系研究科 助教授
2. 2001/10~2004/01 東京大学 大学院工学系研究科 講師
3. 1996/07~2001/10 東京工業大学 資源化学研究所 助手
4. 1995/04~1996/06 日本学術振興会 博士研究員
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2011/04/01~ dotCampusを活用した授業の実践
2. 2007/04/01~ スモールテスト・演習問題の効率化
3. 2007/04/01~ メーリングリストを活用した授業サポート
●作成した教科書、教材
1. 2013/09/01~ 『無機分析化学演習』の教材作成
2. 2012/09/01~ 『無機化学II』の副教材作成
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(15件)
■ 所属学会
1. 1999/06~ 触媒学会
2. 2002/01~2004/12 ∟ 「触媒」編集委員
3. 2008/03~2009/02 ∟ 触媒学会創設50周年記念国際シンポジウム組織委員
4. 2008/03~2011/02 ∟ 代議員
5. 2008/03~2011/02 ∟ 東日本地区幹事
全件表示(11件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/10~  有機-無機ハイブリッド型メタン酸化触媒の開発 その他の補助金・助成金 
2. 2014/04~2017/03  錯体反応場の精密分子設計による均一系および不均一系選択酸化触媒の創製 基盤研究(C) 
3. 2008/04~2011/03  炭化水素類の酸素酸化プロセス構築を指向した触媒デバイスの構築 基盤研究(B) 
4. 2007/04~2009/03  活性点構造の精密制御による高原子効率的な選択酸化反応系の開発 特定領域研究 
5. 2007/04~2010/03  機能集積型固体酸化反応触媒の開発 特定領域研究 
全件表示(7件)
■ ホームページ
   http://apchem2.kanagawa-u.ac.jp/hikichilab/index.html
■ 受賞学術賞
1. 2010/10 神奈川大学学術褒賞
2. 2001/03 日本化学会進歩賞
■ 現在の専門分野
無機化学, 生体関連化学, 触媒化学 (キーワード:錯体化学、触媒化学、生物無機化学、有機金属化学) 
■ 科研費研究者番号
10282857