(最終更新日:2022-12-09 16:58:36)
  イブカ アキコ   Ibuka Akiko
  井深 章子
   所属   神奈川大学  理学部 生物科学科
   職種   教授
■ 専門分野
応用生物化学, 細菌学, 食品科学 (キーワード:構造生物学、酵素学、薬剤耐性、タンパク質科学、構造生物学、酵素、構造生物学、酵素、甘味タンパク質) 
■ 学位等
博士(農学)
■ 著書・論文歴
1. 論文  Insights into the inhibition of MOX-1 β-lactamase by S02030, a boronic acid transition state inhibitor (共著) 2021/12
2. 論文  RNA-hydrolyzing activity of metallo-β-lactamase IMP-1 (共著) 2020/10
3. 論文  Structural and functional analysis of miraculin-like protein fromVitis vinifera. (共著) 2018/08
4. 論文  Structural and Mutagenic Analysis of Metallo-β-Lactamase IMP-18. (共著) 2016/09
5. 論文  Long-Chain Fatty Acids Elicit a Bitterness-Masking Effect on Quinine and Other Nitrogenous Bitter Substances by Formation of Insoluble Binary Complexes (共著) 2015/09
全件表示(47件)
■ 学会発表
1. 2020/09/14 メタロβ-ラクタマーゼIMP-1のRNA加水分解活性(日本生化学会2020年度大会)
2. 2019/03/26 メタロ-β-ラクタマーゼIMP-1における亜鉛結合解析(日本農芸化学会2019年大会)
3. 2019/03/24 Lactobacillus sakeiUonuma株由来アラニンラセマーゼ(AlaR)の解析(日本農芸化学会2019年大会)
4. 2018/06/08 Overcoming Extended spectrum AmpC β-lactamases with boronic acid transition state inhibitors; crystal structure of MOX-1 complexed with S02030.(ASM microbe 2018)
5. 2017/03/18 ブドウ由来ミラクリン類似タンパク質の構造解析(日本農芸化学会2017年大会)
■ 所属学会
1. American Chemical Society
2. American Society for Microbiology
3. 日本生化学会
4. 日本農芸化学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/08  呈味性に優れた塩味増強物質の開発に向けた塩味センシング技術の創出と検証  
2. 2019/03~2022/03  メタロβ-ラクタマーゼの未知酵素活性の検証と新規アプローチによる阻害剤探索 基盤研究(C) 
■ 展覧会・演奏会・競技会等
1. 2008 Neoculin as a new sweet protein with taste-modifying activity: purification, characterization, and X-ray crystallographyAmerican Chemical Society ACS symposium series 979 Sweetness and Sweeteners - biology, chemistry, and psychophysics
■ 科研費研究者番号
60301420
■ 本学関連サイト
1. 「神大の先生」サイトページ Link