photo
    (最終更新日:2019-01-17 11:31:25)
  オカモト センタロウ   Okamoto Sentaro
  岡本 専太郎
   所属   神奈川大学  工学部 物質生命化学科
   職種   教授
■ 著書・論文歴
1. 論文  Alkyne [2+2+2] Cyclotrimerization Catalyzed by a Low-Valent Titanium Reagent Derived from CpTiX3(X = Cl, O-i-Pr), Me3SiCl, and Mg or Zn (共著) 2018/10
2. 論文  Silica-Supported Silver as a Green and Sustainable Catalyst for the [3+2]-Cycloaddition Reaction of Azomethine Ylides with 2'-Hydroxychalcone Derivatives (共著) 2018/01
3. 論文  Synthesis and properties of folded π-stacking polymers having J-aggregative, alternative, and staggered assembling structures (共著) 2016/05
4. 論文  Chain-Growth Cycloaddition Polymerization via a Catalytic Alkyne [2 + 2 + 2] Cyclotrimerization Reaction and Its Application to One-shot Spontaneous Block Copolymerization (共著) 2011/07
5. 著書  Ti(O-i-Pr)4/2i-PrMgX as a Versaile Divalent Titanium Reagent in Organic Synthesis (共著) 2002/11
全件表示(163件)
■ 学歴
1. 1987/04~1989/03 東京工業大学大学院 理工学研究科 化学工学専攻 博士課程中退
2. 1985/04~1987/03 東京工業大学大学院 理工学研究科 化学工学専攻 修士課程修了 工学修士
3. 1992/04
(学位取得)
東京工業大学 博士(工学)
4. 1981/04~1985/03 東京工業大学 工学部 化学工学科 卒業 工学士
■ 職歴
1. 2003/04~2007/03 神奈川大学大学院 工学研究科 (兼担)助教授
2. 1999/04~2002/03 東京工業大学大学院 生命理工学研究科 助手
3. 1998/04~1999/04 モンタナ州立大学 在外客員研究員
4. 1990/04~1999/03 東京工業大学 生命理工学部 助手
5. 1989/04~1990/03 東京工業大学 工学部 助手
全件表示(6件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2009/04/01~2014/07/31 講義資料の電子ファイル配布とe-learning
2. 2008/04/01~ 新科目「物質生命機能デザイン」の企画・実施とグループワーク用ワークブックの作成
3. 2006/04/01~ E-Learning用Webページを通じた講義資料の配布・質問受付等
■ 所属学会
1. 2008/04~ 高分子学会
2. 2002/04~ 近畿化学協会
3. 1998/04~ アメリカ化学会
4. 1985/03~ 日本化学会
5. 2003/04~2005/03 ∟ 「化学と工業」編集委員
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/03~  低原子価チタンの発生法を基盤とする精密合成手法の開発 基盤研究C 
2. 2014/04~2016/03  折り畳みπスタック高分子を基盤とする一重項分裂材料の探索 挑戦的萌芽研究 
3. 2013/04~2016/03  触媒的環化付加反応を基盤とする新しい精密重合反応の開発 基盤研究(B) 
4. 2010/04~2012/03  新低原子価チタン反応剤による炭素ー酸素,窒素ー硫黄結合解裂反応の開発と合成利用 基盤研究C 
5. 2009/04~2010/03  触媒的ギ酸分解による水素の発生法および還元反応の開発 その他の補助金・助成金 
全件表示(18件)
■ 講師・講演
1. 2017/02 Development of Organic and Organometallic Reactions toward Organic Synthesis(北里大学 白金キャンパス)
2. 2016/07 高分子を習わなかった人の高分子合成(神奈川大学 平塚キャンパス)
3. 2014/03 「均一系低原子価チタン反応剤の発生とその触媒的利用」,触媒学会横浜地区講演会(神奈川大学)
4. 2013/11 「環化付加反応触媒の開発と重合反応への利用」(東京農工大学)
5. 2012/06 “高分子材料のシーズ、高分子を使って一列分のH-およびJ-スタックπ―π相互作用を見る“, 高分子学会 第53回湘南地区懇話会(神奈川大学湘南平塚キャンパス)
全件表示(12件)
■ ホームページ
   http://apchem2.kanagawa-u.ac.jp/okamotolab/index.html
■ 現在の専門分野
合成化学, 有機合成化学・有機金属化学 (キーワード:有機金属,有機チタン,生物活性物質,不斉合成,プロスタグランジン,ビタミンD, オーキシン) 
■ 科研費研究者番号
00201989
■ 研究経歴
1. 1985
1995
プロスタグランジンの合成・薬剤設計
Synthesis of Prostaglandins
2. 1995
2価チタン合成反応
Synthetic Method Using Divalent Titanium
3. 2002
第4周期遷移金属を用いる触媒反応の開発
4. 2016
オーキシン阻害・作動・拮抗剤の探索
■ 共同研究希望テーマ
1. 医薬候補化合物探索に関する創薬分野
2. 触媒反応を利用する有機材料創成の分野