(最終更新日:2022-03-27 11:49:28)
  ニシタニ カズヒコ   Nishitani Kazuhiko
  西谷 和彦
   所属   神奈川大学  理学部 生物科学科
    神奈川大学大学院  理学研究科 理学専攻(生物科学領域)
   職種   教授
■ 学会発表
1. 2022/03/22 "根無し"カズラの根の退化過程に着目した形態的解析(第63回日本植物生理学会年会(つくば))
2. 2021/12/11 寄生植物アメリカネナシカズラの吸器形成と寄生機能の分子機構の解明(東北植物学会 第11回福島大会)
3. 2021/12/11 生物の陸上進出における細胞壁再編酵素XTHの役割(東北植物学会 第11回福島大会)
4. 2021/09/20 細胞壁再編酵素XTHファミリーの起源を基に生物陸上化の新しいシナリオを提唱する(日本植物学会第85回大会)
5. 2021/09/16 寄生植物アメリカネナシカズラの寄生過程における回旋転頭運動と寄生領域の時空間的イメージング解析の研究(日本植物学会第85回大会)
全件表示(329件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  テイツ・ザイガー 植物生理学・発生学 原書第6版(翻訳)、講談社 (共著) 2017/03
2. 著書  植物学の百科事典、丸善 (共著) 2016/06
3. 著書  植物細胞壁実験法、弘前大学出版会 (共著) 2016/02
4. 著書  Atlas of Plant Cell Structure, Springer (共著) 2014
5. 著書  Plant Cell Wall Patterning and Cell Shape, The biosynthesis and function of polysaccharide components of the plant cell wall, John Wiley & Sons, Inc. pp. 3-34. (共著) 2014
全件表示(154件)
■ 学歴・学位
1. 1976/04~1981/03 大阪市立大学 大学院理学研究科 生物学専攻 博士課程修了 理学博士
2. 1972/04~1976/03 大阪市立大学 理学部 生物学科 卒業
■ 職歴
1. 2001/04~2019/03 東北大学 大学院生命科学研究科 教授(理学部兼担)
2. 1997/06~2001/03 東北大学 大学院理学研究科 教授
3. 1997/04~1997/05 鹿児島大学 農学部 助教授
4. 1984/04~1997/03 鹿児島大学 教養部 助教授
5. 1983/04~1984/03 鹿児島大学 教養部 常勤講師
全件表示(6件)
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2017 「テイツ・ザイガー 植物生理学・発生学 第6版」講談社 2017年刊 西谷和彦・島崎研一郎 監訳
2. 2013 「植物細胞壁」講談社 2013年刊 西谷和彦・梅澤俊明 編著
3. 2011 「植物の成長」 新・生命科学シリーズ 裳華房 2011年刊、西谷和彦 著
4. 2004 「テイツ・ザイガー植物生理学 第3版」培風館 2004年刊 西谷和彦・島崎研一郎 監訳
5. 1992 「植物ホルモン入門」オーム社 1992年刊、増田芳雄編、西谷和彦 分担執筆
●実務の経験を有する者についての特記事項
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 1995/01~ 日本植物生理学会
2. 1995/01~1999/12 ∟ Plant Cell Physiology誌 編集委員
3. 2001~2003 ∟ 評議員
4. 2006~2009 ∟ 評議員
5. 2014~ ∟ 常任理事(評議員兼務)
全件表示(19件)
■ 資格・免許
1. 1984/04 第一種放射線取扱主任者免許
■ 社会における活動
1. 2021/01 科学ドキュメンタリー番組「ガリレオX」出演
2. 2018/05 特別講座「学問の世界」宮城県宮城野高校での模擬授業
3. 2017/10 一日総合大学プログラム「植物がつくる炭素資源」 岩手県立大船渡高校での出前授業
4. 2015 河北新報 コラム「科学の泉」 6回の連載
5. 2013/06 「植物に学ぶー理学部は何をするところかー」岩手県立花巻北高校での出前授業
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/04~2024/03  寄生植物ネナシカズラの宿主依存的道管新生と連結に必須の宿主因子の同定 基盤研究(C)  Link
2. 2018/07~2023/03  植物の力学的最適化戦略に基づくサステナブル構造システムの基盤創成 新学術領域研究(研究領域提案型)  Link
3. 2017/04~2020/03  セルロースを繋ぎ換える新規酵素の発見に基づく細胞壁モデルの再考と新規機能解明 基盤研究(B) 
4. 2017/04~2020/03  ネナシカズラが宿主と交信しながら吸器形成・花成を進める茎寄生戦略の分子解剖 挑戦的研究(萌芽) 
5. 2017/04~2018/03  植物細胞壁の情報処理システム 研究種目 新学術領域研究(研究領域提案型)  Link
全件表示(25件)
■ 受賞学術賞
1. 2021/12 東北植物学会功績賞
2. 2019/09 日本植物学会賞 学術賞
3. 2008/10 日本学術振興会 科学研究費補助金審査委員の表彰
4. 1993/09 日本植物学会奨励賞
■ 現在の専門分野
植物生理学、植物細胞壁生物学 (キーワード:植物細胞壁、寄生植物、陸上植物、細胞壁遺伝子、細胞壁多糖類、細胞壁酵素)  Link
■ 本学関連サイト
1. 「神大の先生」サイトページ Link